Q&A

インプラントのQ&A

インプラントのQ&A

インプラント治療をお考えのみなさまへ。こちらではインプラントに関する様々な疑問にお答えしています。 治療前のことから治療後のことまで、不安点や疑問点はこちらで解決しましょう。

Q顎の骨にインプラントのような人工物を入れて副作用はないのですか?
インプラントは純チタン製です。チタンは骨折時の固定用プレートや人工臓器として使われています。 副作用は報告されておらず、現在最も人体に安全な金属だと言われています。
Qインプラント治療ができない人はどんな人ですか?
検査の結果により、顎の骨の量が少ない方はインプラント治療ができない場合もあります。 その他、重度の骨粗鬆症や全身疾患などがない限り、ほとんどの人に対応可能です。まずはお気軽にご相談ください。
Qインプラントの特徴はどんなところですか?
入れ歯のように取り外したりする必要がなく、顎の骨にしっかりと固定されるため、自分の歯のように 力強く噛めるようになります。また入れ歯のように口腔内の粘膜を覆わないので、食べ物の味をしっかりと味わうことが できます。
Qインプラントを入れて違和感はありませんか?
インプラント治療により咬合機能は著しく改善されます。慣れるまでは多少の違和感がありますが、 すぐに解消され、天然歯とほぼ同様の機能が得られます。固いおせんべいやリンゴなども以前と同じ感覚で食べることが できます。
Qインプラントはどのくらい長持ちしますか?
本来、半永久的に使用できるものですが、そのためには毎日のメインテナンスと定期検診が欠かせません。 常に口内環境を清潔に保つ必要があります。これを怠ってしまうと長持ちしません。
Qインプラントのメリットとデメリットは?
インプラント最大のメリットは、歯が抜けた部分に再び人工歯が入ることで、天然歯と同じような感覚で ものを噛んだり話したりできるようになることです。審美性にも優れているため、他の歯と同様に自然な見た目に仕上がり ます。
デメリットは、インプラント周囲の汚れが原因で歯周病(インプラント歯周炎)になるおそれがあるいうことです。 そのため治療後も、毎日のブラッシングと定期検診は欠かせません。
Qインプラントを入れても外観上の問題はありませんか?
外観上の問題は全くと言っていいほどありません。インプラントの特長は機能性もさることながら、 その優れた審美性にあります。他の歯の色調に合った自然な色の歯を手に入れることができます。
Qインプラントの手術は痛くないですか?
手術は十分な麻酔をしてから行いますので痛みを感じることはありません。 手術後2、3日は腫れたり痛んだりするケースもありますが、抜歯したときほど痛むことはありません。 個人差はありますが痛みや腫れも1~2日で解消します。
Q現在総入れ歯なのですが、インプラント治療はできますか?
全部の歯を失ってしまった方でもインプラント治療は可能です。 ご高齢の方でも、全身疾患のある方以外は問題ありません。
Q前歯にインプラントを入れたいのですが、前歯がないまま過ごす時間はありますか?
前歯で1本のインプラントの場合、両隣にダミーの歯を接着剤で付けますので、 見た目の問題はありません。2本以上の場合は仮歯を使用していただきます。
Q手術後はどのようなメインテナンスを行えばいいですか?
清潔な口内環境を保つこと、そして定期的な健診が必要です。 定期健診のペースやブラッシングの方法などは歯科医師の指示に従ってください。 定期健診では噛み合わせ具合やインプラントがきちんと清掃できているかチェックします。